株式会社 キャストアンドー


沿革 

大正3年

銅合金製鍋釜の鋳物製造工場として設立

昭和3年

機械工場を併設

昭和26年

資本金380万円で法人組織となる

昭和46年

資本金1,000万円に増資
4t/Hキューポラ、材料自動切出装置を設置、月産120トンラインから200トンラインに整備拡張

昭和55年

有機自硬性(フラン)鋳型導入、古砂再生装置、コアーノックアウトマシンを設置

昭和57年

立型マシニングセンター・NC旋盤導入、素材から完成品までの一貫生産を目指す。

昭和60年

1,500kg-1,200KW、高周波炉導入、高品質短納期に対応。

平成3年

宮下工業団地に新社屋完成

平成12年

資本金2,500万円に増資

年々品質の向上を計り、製品もFC250・300、低合金鋳鉄、ダクタイルと高級強靱鋳鉄の生産を行っており、又納期の確保において業界に誇り同時に公害設備の完備により、関係各位の信用を高め今日に至っております。

 

 
鋳物工場主要設備はこちら

 
 
機械工場主要設備はこちら


鋳物工場は右、機械工場は左です。